ニキビ

ニキビについて

毛穴に皮脂が溜まり炎症を起こしたものがニキビであり、正式には尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)といいます。皮脂の分泌が多い顔、胸、背中などに好発し、思春期頃より出来やすくなります。
ニキビの原因は一つではなく様々な原因が密接に関連しておりますので、薬による治療だけでなく生活習慣の改善や適切なスキンケアなども治療する上で非常に重要となります。

ニキビの原因

  • 遺伝的体質(脂性肌)
  • 食生活の乱れ(食べ過ぎ、偏食、甘い物や油っこい物)
  • 肌への刺激(髪の毛、ハイネックの服、マスク、頬づえ)
  • 不適切なスキンケア(洗顔時の不十分なすすぎ、乾燥肌)
  • 化粧品(特に油脂性のファンデーションやクリームの使用)
  • 不規則な生活、睡眠不足、ストレス、慢性的な便秘、ホルモンの影響など

ニキビは早期治療が重要です

ニキビの状態や程度、患者様の希望により治療法は異なります。通常はまず保険適応の治療法を行い、それでも改善が乏しい患者様には保険適応外の美容治療を行います。現在のところケミカルピーリングが保険適応外の治療では中心的な治療法となりますが、ケミカルピーリングも万能ではなく効果が乏しい例もあります。その場合はフォト&レーザーフェイシャルなどの他の治療法も組み合わせて治療することが必要です。

症状:面皰(コメド)、白ニキビ、黒ニキビ

面皰(コメド)、白ニキビ、黒ニキビ

古い角質がつまって毛穴が閉塞したり、男性ホルモンの皮脂腺への感受性が高まって皮脂の分泌が多量になると、毛穴の中はアクネ菌が増殖しやすい環境になります。この状態を「 面皰(コメド)」といいます。面皰には、毛穴が閉塞していて炎症を起こしやすい「白ニキビ」と、毛穴が開いていて黒く見える「黒ニキビ」とがあります。

治療法

毛穴の出口が詰まり内部に皮脂が溜まっている状態ですので、皮脂の分泌を抑えたり、毛穴の詰まりを改善する治療が中心となります。まず保険適応の治療である塗り薬や飲み薬(ビタミン剤)で治療を行います。効果が乏しい場合はケミカルピーリングを行います。

症状:紅色丘疹(赤ニキビ)、膿疱(黄ニキビ)

紅色丘疹(赤ニキビ)、膿疱(黄ニキビ)

毛穴の中で過剰に増殖したアクネ菌は炎症を起こす物質をつくります。そして、炎症が起こると「紅色丘疹(赤ニキビ)」になります。炎症がさらにひどくなると膿がたまって「膿疱(黄ニキビ)」になります。

治療法

炎症を抑えるために保険適応の治療である塗り薬と飲み薬(抗菌薬、漢方薬)をまず使用します。保険適応の治療で効果が乏しい場合はケミカルピーリングフォト&レーザーフェイシャルなどを行います。

症状:ニキビ跡

ニキビ跡

紅色丘疹(赤ニキビ)や膿疱(黄ニキビ)を放置してしまうと、炎症によって皮膚組織の細胞が破壊され、ニキビが治ったあともクレーター状の痕が残ってしまいます。

治療法

残念ながら一度できてしまったニキビ跡(クレーター状の皮膚のくぼみ)を完全に消すことは現実的には困難ですが、フラクショナルレーザーにより、ニキビ跡を目立たなくすることは可能です。

  • 採用募集